学校ブログ

Blog >> 記事詳細

2019/02/05

道徳の授業(4年生)

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者215
 4年生の道徳授業です。「明の長所」という単元で、「明の長所に気付いた絵美子の気持ちについて考えることを通して、友達や自分を多面的に理解し、よいところを伸ばそうとする道徳的実践意欲を培う」ことを目標にした学習です。
【教材(明の長所)を読む】

【明に対して思っていることを考える】
隣の友達と意見を交換しました。

【絵美子が気づいた明の良いところはどんなところか】
ふざける、乱暴者の明のどんなところが良いと絵美子は気づいたのか考えます。
ワークシートに記入します。

気が付いた良いところを発表します。

【良いところを見つけてもらった明の気持ちを考える】
明の気持ちを深く掘り下げて考えます。

【ともだちの良いところを見つけよう】
ともだちの良いところを見つけて班の中で伝えあいます。
立ったままでの意見交換です。


学級全体で発表し、それぞれの良さを認め合いました。


【自分の良さ、伸ばしたいところを考える】
最後は自分です。
ともだちからの言葉もうけて自分自身を振り返ります。

短い時間に教材の学習、友達の良いところ、自分の良いところ、たくさん考えてワークシートに書き、グループで話し合い、学級全体で発表し合いました。
4年生の一生懸命さと普段の学習の充実ぶりがうかがわれる授業でした。

これからもお互いの良さを認め合い、高め合っていける4年生であり続けてほしいと思います。
17:50